BUSINESS バイオディーゼル発電

CO2,NOx,BCのトリプル低減

環境に優しく、低コストな
再生エネルギーの発電と精製を実現。

廃食用油を用いてディーゼル発電機用燃料を製造する
クリーンフューエル事業を行っています。

環境に優しい排ガス特性

燃料を製造する過程においてエネルギーをほとんど投入しないため、
ほぼ100%のエネルギー再生率を達成しています。

環境に優しい排ガス特性

火力発電所では、採掘された石炭、石油、天然ガスなどの化石燃料を燃やしています。その結果、大気中のCO2濃度が増加して地球温暖化が進行しつつあります。
これに対し、植物は空気中のCO2(二酸化炭素)を吸収してO2(酸素)を放出し、C(炭素)を蓄積することにより成長します。植物由来燃料を燃焼させることによりこれを構成するCと空気中のO2が結合してCO2を生成しますが、空気中にあったCO2が再びもとの状態に帰るという現象であるため大気中のCO2濃度は上昇しません。

これを「カーボンニュートラル」と呼んでいます。

当社の特徴

01
CO2の低減効果
ごみの種類を問わず対応いたします
CO2の低減効果
ニュークリーンフューエルは、廃食用油から燃料を製造する過程においてエネルギーをほとんど投入しないため、ほぼ100%のエネルギー再生率を達成しています。
02
安心の一貫処理
最後まで責任を持った適切な処理方法を
安心の一貫処理
燃料に水を混合することにより、酸性雨の原因となるNOxを確実に低減できます。
植物性燃料は酸素を約10%含んでいるため軽油よりも高い値を示しますが、これに水を約15%混合することにより通常の軽油よりも低い濃度(ppm)となります。
03
安心の一貫処理
最後まで責任を持った適切な処理方法を
安心の一貫処理
燃料に水を混合することにより黒煙を大幅に低減することができます。
水を約10%混合すると黒煙は約半分になります。

エネルギーループの実現

※2022年1月提供開始予定

再エネ100%&地産地消クリーン電力サービスを提供する
アスエネ株式会社と提携しエネルギーループを実現

アスエネでんきの特徴

01

再エネ100%でCO2ゼロ
環境に優しいでんき

02

故郷を選んで
地産地消・地方創生

03

コスト削減で毎月の電気代が
約10%削減

発電機用燃料の製造方法

01

回収
回収
ポリ容器を利用し廃食用油を回収します。
廃食用油は産廃物ではなく有価物として回収しています。

02

1次、2次沈殿
1次、2次沈殿
タンクで廃食用油中の不純物を沈殿除去します。約1週間から10日ほどかかります。

03

1次加熱および1次・2次ろ過
1次加熱および1次・2次ろ過
タンクで加熱し、フィルターにより廃食油中の不純物を除去します。

04

2次加熱
2次加熱
沈殿、ろ過により清浄化された廃食用油を加熱することにより発電機に使用可能な燃料油にします。

05

水混合
水混合
エコオイルプラントにて約15%の水を混合または廃食用油中の水分をナノエマルジョン化させ発電機用ディーゼル燃料に精製します。

06

燃焼・発電
燃焼・発電
ディーゼル機関にて燃料を燃焼させ発電します。温度管理などは自動制御システムで行います。
バイオディーゼル発電についてより詳しく聞きたい方やご不明な点がある方はお気軽にお問い合わせください。

052-508-4153 受付時間 8:30-17:30(月〜金)

メールでのお問い合わせはこちら


LINE

関連する事業会社・サービス

SERVICE

サービス一覧
ONLINE SHOP ゴミ回収シールのご注文